浦和・大宮で写真館やキッズフォトスタジオを探している方向けにおすすめの場所を紹介します。

写真館の種類はおもに3タイプ! 自分たちに合った写真館を選ぼう

指を3本立てているこどもを撮影してくれるフォトスタジオは大きく3タイプに分けられます。伝統的なもの、安価でバラエティーに富んだもの、いま話題のナチュラルなものと個性はまったく異なります。

タイプ1 昔ながらの写真館

シンプルな背景を用いて、プロとしての腕前で勝負するため、クオリティーの高い写真が残せます。いかにも「記念写真」という仕上がりではありますが、良い表情が引き出された上質な1枚が手に入るのが魅力です。

年配者にはとくに評価が高く、おじいちゃん・おばあちゃんに送ってあげる、あるいはいっしょに撮影するとたいへん喜ばれることでしょう。写真館にしかない重厚感はほかでは得難いものです。

後世にこどもの姿を残す、という目的であればもっともふさわしいと思います。末永く残していくにふさわしいスタンダードな写真を残すなら写真館といったところではありますが、少々古臭い感じは否めず、あくまでも年配者向けにサービスする用途ではないでしょうか。

料金的には写真屋さんは写真のサイズや枚数によって料金が異なります。どのサイズの写真を何枚頼むといくらになるのか? 行ける範囲の写真社さんに聞いてみると良いでしょう。

タイプ2 チェーン店型のこども専用フォトスタジオ

スタジオセットや豊富な衣装・小道具を用意。ヘアメイクも可能で、夢のある楽しい画像が撮影可能です。こども慣れしていてこどもの扱いはうまいので笑顔が多く残せます。

キャンペーンも実施されており、そのとき流行のアニメなどのタイムリーな扮装が期間限定で登場。値段も総じてリーズナブルなので、家族や親戚、友人たちに見せるための「ネタつくり感覚」で気軽に利用するのも楽しいでしょう。

基本料金で写真はいくらでも撮影可能で、衣装もどんなに替えてもOK。中から良いと思った写真だけを購入するシステムです。「お姫さまになりたい」「ヒーローに変身したい」というこどもの願望も叶えられて一石二鳥ですね。

しかし、問題はクオリティー。カメラは固定であり、カメラマンの腕前にはバラつきがあるようで、ネット上だけでも不満の声が多いです。混雑時の対応や、時間をかけない撮影に納得いかないご両親の書き込みも散見されます。

タイプ3 一軒家型ハウス・スタジオ

最近注目を集め、人気急上昇の形態。スタイリッシュな内装の一戸建てスタジオで、自然光を用いて、プロカメラマンによる手持ちの一眼レフでの撮影。遊んでいる姿など、カメラ目線ではない自然な姿が撮れること、まるで写真集のような仕上がりが魅力です。

スタジオ内部のインテリアなどは、まるで代官山や吉祥寺のおしゃれな雑貨屋さん、もしくはカフェ風で、間違いなく特別感が味わえるでしょう。

撮影がはじまればこどもも楽しくなってきます。なぜなら撮影ポーズを強制されることなく、自然に遊んでいる姿をじっくりと時間をかけて撮影してくれるからです。

写真館や、チェーン店にありがちな「ハイ、ポーズ! 」式の撮影だと、どこかしら不自然さを感じてしまいます。その点、ハウス・スタジオの自由な撮影は動きのある生き生きとした姿が残せるのがメリットです。

まとめ

3タイプのフォトスタジオでの特徴についてご説明しました。後世に残す1枚なら昔ながらの写真館。華やかなブロマイド風が欲しければチェーン店。ハイセンスかつ自然な姿を求める向きにはハウススタジオと考えてください。

料金的にはハウススタジオはややお高めですが、データをもらうことが可能。チェーン店はリーズナブル。そして近年は写真屋さんでも衣装やメイク可能なところが増えてきていますので、確認してみましょう。

わたしのおすすめはいまならハウススタジオですね。1組あたりに時間をかけてくれるので、急かされる感じや混雑した感じがないのと、品質が高いところが気に入っています。

サイト内検索
記事一覧